2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

お気に入り

無料ブログはココログ

« 石岡カフェ [石岡市] | トップページ | ラ・フランドル [つくば市] »

カフェーパウリスタ [東京]

こちらもGW頃のネタですが、銀ブラ(死語?)したときに寄った喫茶店です。
なぜ立ち寄ったかというと、インターネットで森のコーヒーいうのが美味しいらしいというのを知り、注文してみたらば確かに美味しかったのです。

なんでもこのコーヒーは、農薬や化学肥料を一切使わないだけでなく、コーヒーの木を剪定もしない、あるがまんまのコーヒーなのだとか。

で、届いたパンフとかを見ていたら、銀座にお店があってしかも創業100年という老舗なのだそう。
というわけで、東京散歩の折によってみたのでした。

Dsc07835

Dsc07840
お店の雰囲気は、銀座の老舗らしく、瀟洒です。時代を感じるけど古くさくない。
つくばや土浦のカフェにはない貫禄みたいのをちょっと感じます。
カフェーパウリスタ銀座店は1911年(明治44年)オープンだそう。

Dsc07845
ケーキセット 945円

Dsc07848
手前はキッシュセット 997円
美味しかったです!

Dsc07850
ジョンレノンとオノヨーコが昔来たらしい。

Dsc07851
森のコーヒーはここでも販売しています。

こちらの「カフェ パウリスタ」はたんなる銀座の老舗カフェなのではないのです。
ネット通販から知ったのでとても意外だったのですが、日本のコーヒーショップの元祖ともいえるお店だったのです。

森のコーヒーのサイトより抜粋してみます。
「世界最大の生産国であるブラジル共和国サンパウロ州政庁が、明治の中頃日本移民を導入するに当り、この事業に協力したのが、皇國殖民会社を設立した水野 龍とその後援者の竹村殖民商館です。明治四十二年春、同政庁は東洋におけるブラジルコーヒーの一手宣伝販売権を水野に与え、日本におけるブラジルコーヒーの普及事業を委託しました。

このため水野は大隈重信の支援を得て、ブラジルサンパウロ州政庁専属ブラジル珈琲発売所カフェーパウリスタを創立し、明治四十三年、京橋区南鍋町(銀座六丁目)裏、現在の交詢社の真向かい角に、白亜三階建の洋館を新築しました。
南米風を加味した画期的なスタイルで、外側をイルミネーションでとりまき、パリの著名なカフェ「プロコック」を模した斬新なカフェー(喫茶)を併設し、浅野の名士を招いて華々しく開店しました。」

カフェーパウリスタは日本におけるカフェのさきがけでしたが、それだけでなく、コーヒーの普及にも大きく貢献したんですね。

今、全国に無数にあるカフェは、カフェーパウリスタの力があってこそなのかもしれません。そう考えると、カフェ好きとしては、大変感慨深いなあ。。と思う訳です。

東京にはいいカフェがたくさんありますね〜。。でも紹介しきれたものではないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ ランキングに参加しています。クリックよろしくおねがいします

« 石岡カフェ [石岡市] | トップページ | ラ・フランドル [つくば市] »

00_カフェ,ティールーム」カテゴリの記事

29_その他の地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石岡カフェ [石岡市] | トップページ | ラ・フランドル [つくば市] »

Twit