2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

お気に入り

無料ブログはココログ

カテゴリー「29_その他の地域」の14件の記事

佐原散歩 東京バンドワゴン

つくばから車で1時間ほどの佐原に散歩にいってきました。
最初に香取神宮に寄ってみました。七五三詣でで少し人が多かったです。

Img_5085

紅葉がきれいでした。

Img_5099

その近郊に佐原のまちなみがあります。
水路を中心に風情ある建物や雰囲気が残った地域です。

Img_5107

Img_5128

伊能忠敬ゆかりの地でもあり、伊能忠敬記念館もあります。

Img_5103

散策していると「東京バンドワゴン」の看板のお店を発見!
2013年に日本テレビで同名のテレビドラマがありました。

Img_5130

外観と看板が撮影に使われたそうです。
ドラマでは古本屋さんとカフェでしたが、こちらはカフェです。

Img_5134

撮影に使用された看板がそのままですがこちらのお店は「珈琲 遅歩庵(ちぶあん)いのう」というみたいです。

興味を惹かれて、ここでちょっと一休み。
当たり前ですが店内はドラマとは違いました。

Img_5132

「商い中」この看板もドラマに使われたそう。

Img_5138

佐原の町並みにあった風情ある喫茶店です。
散策のついでに一休みもいいかもですね。

名古屋の喫茶店 「つくば」

これも1年以上前の話しですが、
サークルの仲間と、名古屋のイベントへ行きました。

名古屋というのは、とても喫茶店文化が発達したところなんですよね。
モーニングが充実しているのは有名な話しです。

そんな名古屋で、見つけてしまいました。

その名も、「コーヒー&ミニレストラン つくば」

Img_1042

好奇心を抑えられませんで、サークル仲間を巻き添えにして入ってみました。

Dsc00666

大変に昭和な雰囲気の喫茶店。大都市でこういう味わいある喫茶店があるっていいですね。
逆につくばにはこういうところはないなあ。

Dsc00668

マンガがたくさんある点もなんだか懐かしい。そして当然、全席喫煙席。。

Dsc00670

コーヒー ¥380 

なんとも昭和の香りがする懐かしい雰囲気の喫茶店でした。
思い切ってオーナーの方に、つくばから来た事と名前の由来を聞いてみると、
とくに「つくば」にゆかりがあるわけではなく、

「画数」で決めたとの事でした coldsweats01

まあ、これもご縁といえましょうか。。。

名古屋に行かれるつくばの方、見かけたら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ ランキングに参加しています。クリックよろしくおねがいします

大阪市北区 中崎町のカフェ

ごぶさたしています。放置しすぎて自分でも開くのが億劫になっておりました。
以前5ヶ月位放置した事がありますが、気がつくと半年放置してました。記録更新。。

月日が過ぎるのは早いですね coldsweats01

リハビリ(?)かねて、今年の始めに大阪に出張に行った際に立ち寄った、中崎町のカフェの写真を貼ります。おしゃれなカフェが多いというので行ってみたのですが、本当、一件ずつ立ち寄りたいところばかりでした。

Dsc00274

Dsc00277

Dsc00284

Dsc00294

Dsc00296_2

↑この最後の写真のカフェには入ってみました。
レトロ調で、中にある雑貨はちょっとシュールなものもあって雰囲気ありましたね。

中崎町は、あまり広くないエリアなのにこの他にもたくさんのカフェや雑貨屋さんが集中していて、それぞれ個性的でした。

また機会があったら散策してみたいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ ランキングに参加しています。クリックよろしくおねがいします

からふね屋珈琲本店 [京都]

先の記事でパフェの事を書いて思い出したので、2011年11月に旅行した京都のこちらのお店を書いてみようと思います。

Dsc08566

京都 三条にあります。
何がすごいってこちらのお店、パフェの種類が200以上!

Dsc08565

通りかかるといきなり目を引く、ショーウィンドウのパフェ見本、こちらは5万円の超特大パフェです。
以前は10万円のもあったんだそう。結婚式などに注文されるらしいですね。

Dsc085652
拡大図(ピンぼけでごめんなさい)よ〜く見ると、皆で食べやすいようにふつうサイズのパフェの寄せ集めになってるみたいです。

Dsc08580

もちろんそれだけではなく、一面のショーウィンドウに飾られたありとあらゆるパフェ&スイーツ見本!!

Dsc08581

Dsc08582

「さくさくロースかつパフェ」なんてのもあります。
甘いものとトンカツを同時に食べたい人にはぴったりです(^o^)/
しかもちゃんとサクサクですよ! って。ええ〜〜〜!?(汗

Dsc08583

京都の街の真ん中だし、人気とみえて、結構混んでいます。
明るい店内。
写真に撮り忘れましたが、水だしコーヒーの器具もディスプレイされていて、コーヒーにもこだわりがあるようです。パフェのインパクトが強すぎて忘れがちですが。。

Dsc08585
パフェコンテストというのがあるらしいです。
パフェのアイデアを募集し、入賞したアイデアが実際のパフェになるみたい。

Dsc08586
写真つきのパフェメニュー。番号がふってありますが何ページも続きます。
週に1つずつ食べたら全種類制覇するまではたしてどのぐらいだろう。。とかどうでもよい事を考えてしまう。。ちなみに3年弱かかる計算ですね。
パフェのアイデア、無限大!!

Dsc08589

ちなみに実際に注文したのは、パンケーキパフェ。
かなり変わってますが、ロースかつカフェ(見本)を見たあとではもはや普通に見えます。

Dsc08588
こちらは名前を忘れましたがワッフルです。

美味しかったです。しかしやっぱりずっしりでした〜!!

パフェ好きの方は、京都に遊びにいったら要チェックですよ。

からふね屋珈琲本店  [公式サイト]
京都府京都市中京区河原町通三条下ル大黒町39 [地図]

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ ランキングに参加しています。クリックよろしくおねがいします

カフェーパウリスタ [東京]

こちらもGW頃のネタですが、銀ブラ(死語?)したときに寄った喫茶店です。
なぜ立ち寄ったかというと、インターネットで森のコーヒーいうのが美味しいらしいというのを知り、注文してみたらば確かに美味しかったのです。

なんでもこのコーヒーは、農薬や化学肥料を一切使わないだけでなく、コーヒーの木を剪定もしない、あるがまんまのコーヒーなのだとか。

で、届いたパンフとかを見ていたら、銀座にお店があってしかも創業100年という老舗なのだそう。
というわけで、東京散歩の折によってみたのでした。

Dsc07835

Dsc07840
お店の雰囲気は、銀座の老舗らしく、瀟洒です。時代を感じるけど古くさくない。
つくばや土浦のカフェにはない貫禄みたいのをちょっと感じます。
カフェーパウリスタ銀座店は1911年(明治44年)オープンだそう。

Dsc07845
ケーキセット 945円

Dsc07848
手前はキッシュセット 997円
美味しかったです!

Dsc07850
ジョンレノンとオノヨーコが昔来たらしい。

Dsc07851
森のコーヒーはここでも販売しています。

こちらの「カフェ パウリスタ」はたんなる銀座の老舗カフェなのではないのです。
ネット通販から知ったのでとても意外だったのですが、日本のコーヒーショップの元祖ともいえるお店だったのです。

森のコーヒーのサイトより抜粋してみます。
「世界最大の生産国であるブラジル共和国サンパウロ州政庁が、明治の中頃日本移民を導入するに当り、この事業に協力したのが、皇國殖民会社を設立した水野 龍とその後援者の竹村殖民商館です。明治四十二年春、同政庁は東洋におけるブラジルコーヒーの一手宣伝販売権を水野に与え、日本におけるブラジルコーヒーの普及事業を委託しました。

このため水野は大隈重信の支援を得て、ブラジルサンパウロ州政庁専属ブラジル珈琲発売所カフェーパウリスタを創立し、明治四十三年、京橋区南鍋町(銀座六丁目)裏、現在の交詢社の真向かい角に、白亜三階建の洋館を新築しました。
南米風を加味した画期的なスタイルで、外側をイルミネーションでとりまき、パリの著名なカフェ「プロコック」を模した斬新なカフェー(喫茶)を併設し、浅野の名士を招いて華々しく開店しました。」

カフェーパウリスタは日本におけるカフェのさきがけでしたが、それだけでなく、コーヒーの普及にも大きく貢献したんですね。

今、全国に無数にあるカフェは、カフェーパウリスタの力があってこそなのかもしれません。そう考えると、カフェ好きとしては、大変感慨深いなあ。。と思う訳です。

東京にはいいカフェがたくさんありますね〜。。でも紹介しきれたものではないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ ランキングに参加しています。クリックよろしくおねがいします

名曲喫茶「ライオン」 [東京都]

約一月ぶりの更新です。気がつくとグリムス(更新しないとしおれてしまう)もへたれきっていました。。
が、更新せずにはいられない喫茶店に出会ってしまいました。

それは、渋谷の名曲喫茶。え、名曲喫茶って、噂にはきいたことのある、クラシックばかり流れているというところ? さすが東京、今でもそんなお店があるんだ〜と思ってわくわくしながら友人の後をついてゆくと、ラブホテルや怪しいお店が並ぶ雑踏の中、突如現れた歴史を感じさせる建物。

それが、名曲喫茶「ライオン」でした。
Dsc06096

Dsc06098

もう外観でノックアウト

残念ながら店内撮影禁止です。が、一歩踏み込むと、外観から伺えるよりさらに異質な世界 アナザーワールドな空間が広がっていました。

席は1階、2階とあり、それぞれ40〜50人位は入れるのではないかと思われる、かなり規模の大きい喫茶店です。客の入りは1、2階とも約10人程度でしょうか。

店の前方というか、奥には、1、2階吹き抜けで巨大なスピーカーを設置しています。2階席は全てそのスピーカーの方を向いています。席の並びが、コンサートホール形式になっているのです。
ちょっと、バスや電車みたいでもあるけど。。

内装は西欧風で、柱に彫刻まで施されています。所々置いてある小物や、壁に掛かっているバッハやショパン(たしか)などの巨匠の肖像画も年代を感じさせ、アンティークショップのようで雰囲気満点です。しかし通路や階段の狭さや、木造で歩くと床が軋む音がするあたりは日本的です。

そしてここでは声高に話すことはタブーとされ、皆それぞれに本を読んだり、音楽に耳を傾けたり、瞑想に耽ったりして時間を過ごすようです。おしゃべりしたい人たちには向きません。。。

配られたパンフには、5月の後半の「ライオンコンサート」プログラムが記載されています。コンサートといってもレコードですが、毎日3時と7時には、予定のプログラムが流れ、その他の時間はお客さんがリクエストした曲が流れます。

プログラムは何日かごとにテーマがあり、

「リバッティ 最後のレコーディング」
「バッハ・ピアノ・リサイタル」
「忘れじの名マエストロ」

など、クラシック通の期待に答えるプログラム編成となっているようです。

プログラム自体も、もはやネタ?としか思えないほど昭和の匂いがプンプンしています。

「全館(各階)ステレオ音響完備(帝都随一を誇る)」

帝都って。。。

「当店の立体再生装置 / 冷房完備 珈琲と立体名曲」

この時代、冷房完備と注釈があるあたり時代を感じます。

友人と飲み物を注文し、(520円位)スピーカーから流れるオペラの楽曲に耳を傾けます。。。どうやらCDじゃなくてレコードです。レコードの音を聞くのは久しぶりです。確かにCDとは違う、柔らかくナチュラルな音質です。
そして、曲が始まる前には、ちゃんと店内放送で曲名、作曲者、演奏者をアナウンスしてくれるのです。

5000枚を超えるというレコード所蔵ということで、私もリクエストしました。

プロコフィエフのピアノ曲をお願いします。」

私は喫茶店も好きですがクラシック音楽も好きです。なかでもプロコフィエフが一番好きです。クラシックが好きな人の間でも、「マニアック」と評される作曲家なもので、いまいちマイナーなのですが、中でもメジャーな作品としては、「ピーターと狼」や、バレエ「ロメオとジュリエット」などでしょうか。

私のアバウトなリクエストに応えてチョイスされたのは、これ

プロコフェイフ代表曲中の代表曲、ピアノ協奏曲3番、プロコフィエフ自身のピアノ演奏でした。

早いテンポで流れるエネルギッシュなピアノ協奏曲。。。。。
スバラしい。。今この名曲喫茶はプロコフィエフ時間。。。

てわけで、リクエストに応えて頂き、各階、計20名程のお客さんたちに無理矢理プロコフィエフを聞かせた私は至極満足でした<(_ _)>

これぞ一人時間を過ごすのに最適な喫茶店。近くにあったら私、間違いなく通います。東京は苦手ですが、このような歴史ある喫茶店があるというのはうらやましいな。

こちらの名曲喫茶は創業1926年。東京大空襲で全焼し、昭和25年に元の建物と同様に再建しそれからずっと営業されているとのこと。もう文化遺産ですね。

この名曲喫茶が出来た当初は、個人でなかなかレコードも収集できなかっただろうし、音質の良いプレーヤーも今より手が届かなかったそんな時代、一般市民が気軽にクラシック音楽に親しめる場所として貴重な場所だったのではないでしょうか。そして今では、歴史の重みが付加されさらに存在価値を増した名曲喫茶。いつまでも存続してほしいものです。

名曲喫茶ライオン [公式サイト](音が出ます)
東京都渋谷区道玄坂2-19-12 [地図]

cafeきょうぶんかん [東京都]

東京は銀座にある良いカフェにつれてってもらいました。
(そうえいば前にも銀座のカフェを紹介したっけ)
Dsc04834
とはいうものの、実は2ヶ月近くも前のことでした。
クリスマスの時期(汗

Dsc04836
教文館という、キリスト教関係の本が多い本屋さんです。たしか4階だったかな。

Dsc04837
古いビルで、面白い造り。一面合わせ鏡だったのでつい写真とりました。

Dsc04841
cafeきょうぶんかん入り口です。知らないとたどり着かないです。

Dsc04844
割と小さな店内ですが落ち着く造り。

Dsc04853
きょうぶんかんブレンド ¥480
Dsc04852
ツリーの形をしたケーキ「タンネちゃん」¥240
美味しかったです。

Dsc04858
クリスマスのお菓子「シュトーレン」も売っていました。(ああ、なんて季節外れ。。。)

Dsc04860

カウンターでは、アクセサリーやカードなどの小物も販売しています。cafeのとなりはキリスト教グッズ?の売り場になっていて、さらにたくさんの小物を扱っておりました。
キラキラした小物がたくさんで、明るい雰囲気で、人が多かったにも関わらず、心地良い清浄な雰囲気の場所でした。宗教にこだわるわけではないですが、雰囲気の良さはキリスト教関係の場所であることと無関係ではないと思います。良いとこでした。

cafeきょうぶんかん [公式サイト]
東京都中央区銀座4−5−1 [地図]

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ ランキングに参加しています。クリックよろしくおねがいします

銀座みゆき館 [東京]

ゴールデンウィークに東京に出た時に行ったカフェ。
銀座で、お茶しようかという話になったときに立ち寄りました。

Dsc03298_2
和栗モンブランが美味しいらしいです。
もしかして有名なところ?

Dsc03300

老舗かどうかはわからないけど、内装は老舗っぽく瀟酒。たしかにこういう店はつくばにはないなあ。

Dsc03301
絵なんかも飾られてます。どことなくパリっぽい感じなのかな。(行った事ないですが)

東京の人が、茨城に来ると、いろんな店の席の配置がゆったりしてるのに驚くという話をたまに聞くけど、茨城人が、東京に出ると、逆に感じます(笑)
席は、せせこま せせこましてて、しかも人がいっぱい。
まあ、仕方ないですね。

Dsc03304
コーヒーと和栗のモンブラン

モンブランは¥650前後(正確な値段忘れた。。)
コーヒーは¥840... ((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル...

銀座価格ですか?? あまり美味しいと思わなかったけど。。
よくわからないです。

モンブランは有名なだけあり美味しかったです。

銀座みゆき館 [yahoo!グルメのページ]

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ つくばじゃないけどよろしくです

《番外》 IKEAカフェ [船橋市]

IKEA船橋行きました。IKEAはもちろんカフェじゃなくスウェーデン資本の家具屋さんです。
が、大きなレストランとカフェテリアがありました。

遠路はるばる来たので、お腹すいてて、でっかいカフェテリアを見たらうれしくなってまず腹ごしらえでした。

Dsc03635

Dsc03642
いろんなタイプの席がありますよ。

Dsc03637
なかなかお値打ち価格。
列に並んで、好きな食事を取ってあとからレジで会計。社員食堂のようでもある。

Dsc03639
パスタ¥295!! パン¥150 ドリンクバー¥200
サラダとスープのセットなんてのもありました。

安いんだけれども、パスタは正直、大味。
たしかに味はおおざっぱさがある意味外国っぽい。
しかし席はたくさんあるし、広々して奇麗だし、食事やお茶だけしに来てる人もたくさんいそう。ずっと本とか読んでる人いました。

お腹いっぱいになって、店内をぐるぐる見る。
ざっと見ただけでも2時間はかかってしまう。広いね〜。

ちょっと疲れて、またカフェに舞い戻りました。

Dsc03644
チャイとブルーベリー何とか。。。のセット。名前わすれた。
パンのような生地にほのかにブルーベリーの味がするクリームをはさんだデザート。
シュークリームに似てる。
安くて、たしか¥385位でした。(正確に覚えてないし。。。)

デザートはやっぱり大味。甘くて外国のお菓子のようでした。

しかしIKEAはチョコレートやお菓子もやっすかったので、たくさん買ってしまいました。
ダイムチョコは美味しいよ!

Dsc03652

ちなみに一目惚れして買ったベッドライト。たしか三千円位。
太陽電池で明かりが付くのですよ! エコでしょ?
だから電気コードないんですよ!!すごくないですか!? 
太陽電池パネルは取り外しできて、昼間はお天道様にあてておきます。

IKEA堪能しました。身内につきあって行ったんだけど、私のがお金使い過ぎました(^^;


IKEA船橋 [公式サイト]
千葉県船橋市浜町 2-3-30 [地図]



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ 番外編だけどよろしくね。

【閉店】アゼルバイジャン料理 アザリマトバック [新宿]

2009.8.25 追記
こちらのお店は、事情により既に閉店してしまったとのことです。
残念ですね。。。

****

カフェ好き番外編。今回は、アゼルバイジャン料理のお店です。
アゼルバイジャンってどこ!? →ココを参照。

カスピ海のとなりの旧ソ連の国です。
実はシェフが知人なので、東京に出た機会に行ってみたのでした。

Dsc03308_2
お店は新宿三丁目の医大通りにあります。
国旗が目印。店構えからエキゾチックな雰囲気が漂います。

Dsc03310
シシケバブ 800円

Dsc03311

Dsc03312
「カラ バドムジャン ドルマシ」
米ナスにライスと豆とひき肉などを入れて蒸したもの。
この他、サラダや鳥のケバブなど頂きました(久々にお肉食べました^^;)
ケバブの他は、食べた事無いものばかりで新鮮です。
かなり未知の領域ですが美味しいです。
でも料理の名前が覚えられません!!

Dsc03314
アゼルバイジャンには行った事ないけど、お店の内装はアゼルバイジャン風?
とても可愛い!

Dsc03315
カウンタ席。お酒は普通のビールやサワーやカクテルからあります。
お酒も久々に飲みました。一杯だけ。。^^;;

オーナーでありシェフであるアゼルバイジャン人のデビッド氏は日本滞在19年、日本語がとても堪能です。また、大変話題の豊富な方です。
料理だけでなく、アゼルバイジャンの文化に触れる事もできると思います。

アゼルバイジャン料理、新宿にお出かけの際はぜひ一度はトライしてみて下さい。
世界が広がる事間違い無しです。

アザリマトバック 新宿 [ぐるなびのサイト]
東京都新宿区新宿6-7-3 [地図]

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ つくばじゃないけど、よろしければ onz

より以前の記事一覧

Twit